FC2ブログ

元クルンテープ金融マンリハビリ日記

元バンコク駐在員。帰国から数年経ち、タイ語も完全に忘れてきました。ボチボチとブログを更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京お薦めレストラン: Apicius (アピシウス) @ 有楽町

相変わらず暑い日が続くので、気分転換に東京のグランメゾンの一つ、アピシウスにランチに。


まずはグラスでLaurent-Perrier GRAND SIÈCLEをいただき、グランメゾンの雰囲気に溶け込みます。


アンチョビ風味のオリーブをポリポリやりながら、メニューと膨大なワインリストに目をやります。


今日は、Puligny Montrachet Clavoillon 2005をボトルで。

ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手のドメーヌ・ルフレーヴ。
ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手の一人だと思いますが、グランメゾンで長期間保管されてきたので本当に美味しいっす。
仕入れも流石で、バリューも高いと思います。

これからの楽しい食事は保証されたも同然です。

まずはアミューズは北寄貝とクスクス。

美味しいね。

ブレッドは3種類。これはいつも普通で、でしゃばりません。


前菜は、R子さんは鮎グラッセ、生海苔ソース。

肝の苦味がアクセントとなり、和テイストだがワインによく合います。

当方は、ジャンボンペルシエとチョリソー。

フレンチらしい華やかな一皿。楽しい気持ちになります。

スープは、ヴィシソワーズ パリ ソワーズ。

冷製ポテトスープの下には、ビーフコンソメのジュレが隠れていて、
夏らしい流石の一皿です。

メインのカトラリーは、日本製のナイフ。よく切れました。


メインはR子さんが、ホタテとポルチーニ茸のガレット ズッキーニソース。

ホタテの風味が香り高く、ズッキーニソースとの相性も合格。
ペロリと頂きました。

当方は、子牛ロース肉のグリエとフォアグラ ラングスティーヌのカダイフ巻。

完璧な焼き仕上がり。
アクセントのマーマレードもピッタリ。

堪能出来ました。
若干、ワインが残っていましたが本日はフロマージュはパス。

小さなクリームビュルレ。

ここからが、アピシウスの本番です。

デザートワゴンは誘惑に素直に負ける必要があります。


ワゴン以外にも、アイスやシャーベットもありますが、今日はタルトを中心に。

桃にチェリー、プラムと国産の旬なフルーツで満載です。

食後酒もワゴンで。


ソムリエと相談しソーテルヌワインとカルバドスに。

フレンチの醍醐味ですね。
家に帰ると爆睡確定です。

ミニャルディーズ。

食べたいものだけ食べるのがコツです。

ハーブティーは、フレッシュなハーブを相談しながらブレンドも出来ます。



私は、お気に入りのコーヒーを。

お店のオーナーは、コーヒーの卸売もやっているので
コーヒーが本当に美味しいです。

大満足とともに、しばらく贅沢しないことを心に決めて、来月の予約も入れて帰りました。
嵌ってはいけないお店の一つですね。

アピシウス (APICIUS)
03-3214-1361
東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館 B1F
営業時間
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:30~23:30(L.O.21:00)
定休日 日曜日
お店のHP
お薦め度:★★★★★(最高は★5つ)
ブログランキング参加中!!
クリックして応援して下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ



関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。