FC2ブログ

元クルンテープ金融マンリハビリ日記

元バンコク駐在員。帰国から数年経ち、タイ語も完全に忘れてきました。ボチボチとブログを更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北お薦めレストラン:RAW @大直地区

台湾人のスターシェフ、アンドレ・チャンがシンガポールでの大成功を経て凱旋帰国して開店したRAWにディナーに。

こちらのお店も、ASIA'S 50 BEST RESTAURANTSにランクインしています。
(アンドレ・チャンのシンガポールのお店は第2位です)

お店は、大直地区にあります。
北に向かって松山飛行場を突っ切って川向こうにあり、マンダリンオリエンタル台北からはタクシーで土曜日に15分ほどかかりました。

カルフールや観覧車などがあり、栄えている郊外の住宅街のように見えます。

お店はもちろん2回制ですが、6時からの回を予約し訪問。
開店前には、予約した人と予約しないで来たかわいそうな人達で溢れています。

もちろん予約必須店です。

何故か、ライバル人気店のMUME同様にテーブルにカトラリー類が収納されています。


メニュー1850台湾ドルのコース料理のみ。
英語と日本語で今日のコース料理の説明が。


イマジネーションが掻き立てられます。
全て台湾の食材で構成されていて、アンドレの思いが感じられます。
なお、アンドレは当日店に顔を出していましたので、スタッフも気合が入った料理とサービスを提供してくれました。

まずはトウモロコシの握り。

女性分は半分に切って来るところが、顧客目線に立った良いレストランだなと思いました。

アルコールは、悩みましたがオキシデンタルのSWKヴィンヤード2014を持ち込み。
(持込料は1000台湾ドル)

ピノ・ノワールは、こちらの食事にマッチしていたので楽しめました。
台湾のお客さんは、逆に獺祭をワイングラスで楽しんでいましたので、複雑な気持ちになりました。

トマト、スイカ、マグロの冷菜。

中にはチーズが隠れていますが、なおさら期待感を高める一品でした。

追加で注文したブレッドはクオリティー高し。


美味しいのですが、長丁場なので食べ過ぎに注意が必要です。

乾燥からし菜の中にチキン。

オイスターソースも絶品で、チキンの仕上がりも抜群です。

7層のポテト。

美味いに決まっています。ワインも進んで来ました。

スパニッシュ風の蛸の唐揚げ。

非常に柔らかく仕上がった蛸の足の唐揚げにスパイシーソースがよく合います。

お店もどんどん活気が出て来て、キッチンからも統制の効いた掛け声が聞こえて来ます。


蟹の温かいカッペリーニは、派手なプレゼンテーション。

カッペリーニは、良い出来です。


食べ終わると蟹味噌とラクサリーフのスパイシースープが。


かなりお腹が苦しくなって来たところで、メインの蛍烏賊とポーク、セロリ、湯葉による逸品。

素晴らしい。

デザートは、バナナやタフィーが入った甘い逸品に苦めのエスプレッソを注ぎます。

素晴らしいバランスです。

また最後には最中が。

中身はタピオカミルクティー。

印象的なデザートです。

アンドレ・チャンのお店は流石のクオリティー。
台湾産にこだわり、台湾の食文化のさらなる発展にチャレンジしようとしている意欲的なお店でした。
お会計は2人で5500台湾ドル(約2万円強)。納得できるプライシングでした。
地元の若い女性もたくさん来ていましたが、まだまだ予約が取るのが難しい状態は続くでしょう。

RAW
No.301, Le Qun 3rd Road, Taipei City, Taiwan
+886-2-8501-5800
OPENING HOURS
Wednesday- Sunday
Lunch: 11:30 am - 2:30 pm
Dinner: 6:00 pm - 10:00 pm
Closed on Monday & Tuesday
お店のHP
お薦め度:★★★★(最高は★5つ)
ブログランキング参加中!!
クリックして応援して下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。