FC2ブログ

元クルンテープ金融マンリハビリ日記

元バンコク駐在員。帰国から数年経ち、タイ語も完全に忘れてきました。ボチボチとブログを更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京お薦めレストラン: Ode(オード) @ 広尾

遂にシック プッテトールを辞められたミシュランシェフの生井さんが広尾で9月23日から再始動されたので訪問。

お店は、広尾駅から徒歩10分程度のビルの2F。

まだお祝いの花でいっぱいです。

お店は、以前の八丁堀のお店とは明るさが全然違います。

シェフズテーブルと個室が2つ。
フュージョン料理店らしい作りです。


料理はコース料理1種類のみ(税サ込みで15000円強)。

手ぬぐいは、何故か世界中のフュージョン料理レストランで流行っている水をかけるタイプ。

今だに喜んだり驚いたりする人がどのくらいいるんだろう?

まずはテタンジュのシャンパンで乾杯。


最初のアミューズは、オマールエビとカカオバターのコーティングがされたドラゴンボール。

面白い趣向ですね。

次のアミューズは、人参のチュロス、雲丹、味噌、キャラメルソース。

手で食べるアミューズにしてはベトつきますが、シャンパンが進みます。

最後のアミューズは、ジャガイモの花。

キャビアの塩気がアクセントになっています。
綺麗なプレゼンですね。

グラスワインは、以前のお店のように多々揃えられていますが、1杯2000円前後にしては量が少ない。

これは以前のお店に習わなくても良いのにね。

シグネチャーディッシュの秋刀魚、ブーダン、茄子の一皿。


メレンゲには秋刀魚の腸が使われていて、この一皿で秋刀魚を丸々味わえます。


鱈の白子、サツマイモのリゾットにトリュフ。

少量だか印象的な旨さ。

今度はオーボンクリマのシャルドネ。

量は渋め。

大根、大根餅、烏賊、銀杏、豚の脂に八角の効いたスープ。

中華のような季節の逸品。

パンにスープを吸わせていただきます。


赤ワインは、ピノ・ノワールがCloudy Bay、カベルネはラグランジュ。

だからもうちょっと入れてよ。

里芋、キノコ、豚の耳。

豚の耳がコリコリしていて美味しい。ワインとも良く合います。

カツオの藁焼き。

林檎とロックフォールのソースとの相性はなかなかです。


メインは小鳩。

フォアグラソースとも良く合いますし、焼きが良いね。

小鳩内臓肉等のパイ包みも絶品。

印象的なメインでした、素晴らしい。

デザート一品目はシャインマスカット、生姜のヨーグルトソースがけ。

サッパリします。

2品目は、蕎麦のメレンゲでローリエの香りが閉じ込められた渋栗のクリームビュルレ。


割るとローリエアイスと栗が登場。


最後に京都のハーブティーか熊本の紅茶をいただきます。



最後に落ち着きます。

最後には、最初のドラゴンボールと同じプレゼンで、サツマイモのガナッシュ。

少しガナッシュが乗っている小さな座布団が汚れているのが気になりましたが。

何故か会計時に、メニューが渡されました。


小言を申し上げると、個人的にはメニューは食べる前に、もう少しちゃんとした紙でいただきたいですね。
あと、グラスワインの量が相変わらず少ないですね。
また、デザートが少しインパクトにかける気がしました。

でもまだ開店して1ヶ月とのことですので、この新しいステージで是非頑張っていただきたいですね。
ご馳走様でした。

Ode (オード
03-6447-7480
東京都渋谷区広尾5-1-32 ST広尾 2F
営業時間
〔月~土〕
12:00~13:00(last entry)
18:00~21:00(last entry)
定休日 日曜日
お店のHP
お薦め度:★★★★(最高は★5つ)
ブログランキング参加中!!
クリックして応援して下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。