FC2ブログ

元クルンテープ金融マンリハビリ日記

元バンコク駐在員。帰国から数年経ち、タイ語も完全に忘れてきました。ボチボチとブログを更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京お薦めレストラン:関西割烹 ふた川 @六本木

グルメなE先輩にお呼ばれして六本木のふた川に。

お店は六本木交差点近くの階段通りを登りきったビルの中二階にあります。


しっぽりとした雰囲気とフレンドリーな大将と女将さんが迎えてくれます。


カウンターに陣取ってまずは黒ラベル。

薄いグラスでいただく真夏日のビールは最高ですね。

ドリンクリスト、良心的ですね。


本日のコース料理。(お薦めの日本酒が横に書いてあります)

隣のお客さんは鱧尽くしコースをいただいていましたので、ある程度はリクエストが効くように見えます。

前菜は鰻八幡巻とサザエ白酢あえ。



夏バテ気味の身体に染み渡る優しい味付けです。

焼酎のロックと合わせます。


お椀は福子(スズキ)潮椀。

出世魚は縁起がいいですね。
出汁が素晴らしい。

本日の刺身はカレイ薄造りと鱧。

涼しげに登場です。
関西割烹らしいプレゼンテーションですね。

焼き物は私はえぼ鯛幽庵焼。

ボリュームもあり、お酒に合います。

E先輩は焼物はふた川のシグネチャーディッシュ、鶏もも照り焼き。

ほとんどのお客様が注文しており、タレは90年ものだと大将は言っておりました。
少しおすそ分けしてもらいましたが、いつまでも骨にしゃぶりつけますね。

煮物は高野豆腐と合鴨の治部煮。

高野豆腐は絶妙な味に炊かれており、治部煮もほっこりとする味付けです。

〆は暑いので雲仙の素麺にしてもらいました。

ツルッといっちゃいました。

デザートは山梨の朝どれの桃。

こりゃあうめえや。

お任せのコース料理を頂き、そこそこ飲んでも一人一万五千円以内に収まります。
六本木で押さえておくと便利な隠れ家ですね。
女将さんも優しくオジサンにとっては居心地最高ですね。

また行こうと。

なお、以下の期間は休業です。

お気をつけください。

関西割烹 ふた川

お薦め度:★★★★(最高は★5つ)
ブログランキング参加中!!
クリックして応援して下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ





関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。