FC2ブログ

元クルンテープ金融マンリハビリ日記

元バンコク駐在員。帰国から数年経ち、タイ語も完全に忘れてきました。ボチボチとブログを更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクお薦めレストラン:麺屋一燈 バンコク店 @ エラワン地下階

宿泊先のウォルドルフアストリアバンコクから徒歩圏内だったので、バンコク在住の景樹先輩のお薦めのエラワン地下階にある麺屋一燈にランチに。


平日のお昼12時前に到着しましたが、客入りは3割ほど。

日本人駐在員らしきお一人様はカウンターで数名、あとはタイ人OLの団体が数組ぐらいかな?

お一人様なのでカウンターで。

お水(25バーツ)をいただきながら、メニューを拝見。

日本でも行ったことがないので興味津々。

スタッフがしつこく餃子(90バーツ)と連呼するので根負けで注文。
ラーメンは、チャーシュー一燈つけめん(350バーツ)を注文。

つけめんの説明書を拝見。


割りスープはポットなところがチト残念。


厨房は見た範囲ではタイ人オンリーのオペレーション。
管理が大変そうです。


まずは餃子が登場。

見た瞬間不味そうな雰囲気が漂います。タレも勝手な配合のデフォルトで登場。

ベチョベチョでまさにタイクオリティの一品です。

タネも少し貧弱で皮が必ず破れます。

少し落ち込んだところにつけめん登場。


つけ汁のお椀が強烈に熱いのに安心しましたが、つけめんにしては麺の量が控えめです。


この赤いパウダーをどうすればいいのか教えてもらえないので、とりあえず全部投入。




なかなか良く出来た麺を一気にいただきます。

景樹先輩、確かに旨いっすね。
つけ汁に入っている鳥のつくねも美味しいです。
手の込んだ3種類のチャーシューは、特に印象なし。つくねがもっと欲しいところです。

割りスープを入れてスープをいただきますが、辛くて全部飲めません。

あの赤いパウダーは全部入れないものなのかなあ?

バンコクに到着した次の日に早速ラーメンを食べるという自分のひ弱さを悔いましたが、確かにつけめん、美味しかったです。
餃子は注文する価値ありませんね。

〆て547バーツ(約1700円)、ご馳走様でした。

麺屋一燈 バンコク店 
10330 バンコク 494 Erawan Bangkok Room LG-01 Ploenchit Road, Patumwan
お薦め度:★★★(最高は★5つ)
ブログランキング参加中!!
クリックして応援して下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ





関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。